CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
映画「127時間」
 映画「127時間」を観ました。

監督はスラムドック$ミリオネアで有名なダニー・ボイルです。
ストーリーは、峡谷で遭難、腕が岩と壁に挟まれてしまい、身動きのとれなくなった主人公の話で、事実に基づいているそうです。

映画館には「クライマックスで衝撃的なシーンがあります」と警告文が貼られていました。実際、海外の映画祭では失神者も出たそうです

看板に偽りなし。
イタいです。
私もスクリーンから顔をそむけそうになりました


それにしても主人公の意思の強さには驚嘆しました。
極限の状況で、人はかくも驚異的な行動力を取れるのかとびっくりしました

この監督、ドラマ、SF、ホラーと毎回違ったタイプの映画を撮っています。
次回はどんな作品なのでしょうか。。。


 
| 映画 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
たで食う虫?
 映画「スカイラインー征服ー」を観ました。
宇宙人が地球に侵略するSF映画で、この手のものはスピルバーグによってリメイクもされた宇宙戦争が有名ですね。

ストーリーは至って単純です。
LAに集った若者が、異星人らしき生物の襲来に、必死に逃げる姿を描いているだけです
ただ観ていてすっきりしません。爽快感もないです。突っ込みどころも満載です。また、CGによる戦闘シーンは派手ですが、ひたすら若者たちの視点なので、世界観が狭いです。話もインディペンデンス・デイのような大風呂敷になってません。上映時間も1時間半とコンパクトです。

そのせいか世間ではあまり評判が良くないようです
が、そこそこ私は楽しめました。私が大のSF映画好きで、この手の映画はたくさん観てきたという事情もありますが

ネタばれになるので、あまり詳しくは書けませんが、これまでの宇宙人侵略物とは一線を画したテイストが、私にはたまりませんでした
オチもシュールで良かったです
(もっとも製作者はそれを狙ったのか分かりませんが・・・)

甘いものばかり食べていると、時には変わった料理が食べたくなるということでしょうか??

| 映画 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
王妃の紋章
映画、王妃の紋章を観ました。

「HERO」「LOVERS」などで有名なチャン・イーモウ監督の最新作ということで期待して映画館に足を運びました。

宣伝などである程度予想はついていましたが、これまでの作品を押しのけてしまうほどの絢爛豪華な映像でした。あまりのキンピカさに正直目が眩んでしまった…泣き顔

屈折した、それでいて筋の通った人間関係(なんのこっちゃ?)を描いているのは、「HERO」「LOVERS」と同じ路線かもしれません。

傑作の多い監督ゆえに、観る側の要求も高くなってしまいます。僕も、もっと深く人物を描いて欲しかったかな、との感想を持ちました。その点では上記の2作品の方が優れていると思います。その分、後半の派手な演出に労力を注いだのかもしれませんが…

それにしても、あれだけ散らかした映画は僕的にはグレムリン2以来かも。。。

| 映画 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |